建て替えはしない

リフォームを東京で工事したいとお考えの方は、こちらに施工会社を選ぶ方法が掲載されていますので参考にしてみてください!

東京23区ないしはその近辺の市で住宅を持っている場合、住宅が老朽化してきた場合住宅を建てなおす費用もかかってしまいます。特に東京は物価が高い上に人件費も高く、住宅を一棟建てるのにもほかの都市に比べて何割か高いのです。また、土地が狭いため、建物を建てるにも工夫が必要なのです。 あるデータによれば日本での一戸建て注文住宅の建築にかかる費用の平均は2200万円でしたが、東京は2400万円台ということで、およそ1千万円も開きがあるのです。人口の少ない県に関しては、1800万円が平均のところもあります。 このように東京で建て替えを行うのは金銭的に負担が大きいのです。そこで、建て替えよりも安いリフォームを行う人が増えています。

リフォームは最近はやっている傾向にありますが、日本にリフォームが入ってきた50年前頃はほとんどリフォームは流行っていませんでした。何故ならリフォームをしやすい住宅が少なかったからです。これは東京に限らずどこの都道府県でも同じでした。 そうすると建て替えをする以外に方法はありませんが、建て替えをする場合でも躯体はまだしばらく使えることが多いのです。つまり、使える木材をそのまま廃材にしてしまい、また建て替えの時に新たに木を切らなければならず、無駄にお金を使うことになる反面、環境にも良くないのです。 そこで、まだ使える部分は使い、老朽化してきた箇所など取り替える部分は取り替えるというリフォームの考え方が浸透してきたのです。このように、お財布にも環境にも優しいのがリフォームなのです。

オススメリンク

注目の記事

    注目の記事

  • 円滑に進める為

    建設業界は超繁忙状況が続いているのでリフォーム工事にも影響が出ている。東京オリンピック・パラリンピックまでは現在の状況が継続すると予想されるので、リフォームを計画する際には繁忙度を考慮して発注内容を検討する必要がある。

    READ MORE
  • 高齢者でも安心

    近年、高齢化社会の影響で、建物のバリアフリー化の需要が増加すると予測されます。特に東京は人口が多いので、顕著です。その際業者に依頼するには、事前の見積もり時にリフォームについてしっかりと相談し、トラブルにならないよう注意しましょう。

    READ MORE
  • オリジナルを作る

    リフォームの魅力といえば、古くなった設備を新しくして快適に暮らす事が出来るという事です。また、設備が新しくなった事によってより安全に暮らしていく事が出来ます。更にデザイン面で楽しめるという魅力もあります。

    READ MORE