円滑に進める為

リフォーム工事は新築工事と異なり、室内の作業が多いので天候には化案系なさそうですが、それは間違いである。リフォームは工事期間が短いので出来るだけ天気の良い日が多い時期を選ぶことが重要である。東京で天候が良い時期は秋と冬が入り版天気の良い日が多い。特に東京の冬の時期は乾燥しているので室内の工事にも屋外の工事にも都合が良い。屋外の工事としては外壁の塗装工事があるので、天候次第で工事期間が左右される。足場の設置期間が短くなることがメリットとして考えられる。屋内の作業でも内装工事ではクロスを貼る時には乾燥していることが重要である。室内が湿気を帯びていると貼ったクロスの収縮の度合いが小さくなるのでしばらくすると収縮して隙間の出来ることがある。

建設業界は超繁忙状況が続いており、内装業者の不足も顕著になっている。リフォーム工事には何種類もの内装業者が必要となるので、リフォームをする場合には余裕をもって計画をしなければならない。東京オリンピック・パラリンピックの開催までは建設業界の繁忙状況は継続すると予想されるので対応が難しい。特に地元である東京地域では今後は更に専門作業員の不足が予測されている。最近は住宅も建て直しからリフォームへとの流れも出て来ているので今後ともリフォーム市場での作業員不足の解消は難しい。建設価格の高止まりも続いていることからリフォームを計画する際には当面施しておくべき内容と2020年以後に延期できる内容に分けて実施することも考えられる。

注目の記事