オリジナルを作る

設計士などのリフォーム会社の担当者と打ち合わせを行っている時に、サンプルを見て住宅建材を選ぶ機会は多くあります。それは壁紙クロスや扉材、フローリング材など様々です。またエクステリアリフォームにおいても、やはり外壁の塗装などサンプルの色を見てきます。この色に関しては人間の見え方は、実はサンプルと実物とでは違う傾向があります。 一般的にはサンプルのように小さな物は色が実物以上にくすんで暗く見える傾向があります。逆に実物は、サンプルで見た以上に明るく色が見える傾向があります。 このためリフォームプランニング時のサンプル選びでは、色に関してはやや想定よりも暗めのものを選ぶと、満足いく色選びができます。また同様にフローリング材などは質感も大事なため、実際にサンプルに触ることも良い手段です。

モデルルームやショールームは、訪れる人を感嘆させて、より物件に興味を持ってもらえるように、いくつかの工夫を凝らしています。この工夫は内装リフォームにも応用できるので、知っておくとより素敵な施工が行えます。 限られた予算で、できるだけ費用対効果が高く満足のいくリフォームを行うためには、まず床に掛ける費用は惜しまないことです。モデルルームやショールームでは、実はこの床にはかなり気を使っています。フローリングのグレードも高いものを使い、さらにフロアコーティングによって光沢感を出すことで、インテリア全体にラグジュアリー感を出しています。 このため床の部分の施工費用は惜しまない工夫が、見栄えの良いリフォームのためにはとても有効です。

注目の記事